障子の張替えサービスの特徴と傾向

自宅に和室を構えている家庭は現在でも数多くありますが、近年では日本家屋が減少していることから障子のある家庭が減少傾向にあります。数年前まではどの家庭でも障子が欠かせないものでしたが、その反面障子は子供がいる家庭ではとくに破れやすく、1年でも数回張替えなければならず非常に手間となっていました。また障子は、ひと昔前は各家庭でそれぞれが張替えを行うことが一般的でした。障子の張替えは実は回数を重ねることで素人でもきれいに張替えられることが可能であるほど、難しいものではありません。ただ現代では手間などを考慮し業者に依頼する家庭が増加しています。こうした張替えのサービスを依頼するにあたって業者の選択を誤ってしまうと満足のいくサービスが受けられない可能性があるため注意が必要です。

障子の張替え業者を選ぶ場合の注意点とは

障子の張替えを業者に依頼したいと考えた場合、新築で家を建てた人やリフォームを依頼したことがある人はその家の建築に関わった工務店やハウスメーカー、リフォーム業者に問い合わせようと考える人もいますが、家を建てる場合の内装は工務店やハウスメーカーから他の業者に依頼していることがほとんどであるため、障子の張替えサービスは行っていない場合が多いため注意が必要です。またリフォーム業者などは対応が可能であった場合でも、下請け業者に依頼がいくため、費用が高くなりがちです。そのため業者は自分で直接タウンページやインターネットを活用して探すことをおすすめします。また業者の中には格安でサービスを提供しているところもありますが、技術が伴っていない場合もあるため、極端に安い業者は避けるとよいでしょう。また口コミなどを参考にすることで業者選びをスムーズに行うことが可能となります。

障子の張替えサービスの特徴と近年の傾向とは

近年では障子の張替えは業者に依頼することが一般的となってきました。ほとんどの業者は障子の張替えだけを専門的に行っているわけではなく、畳の張替えや襖など和室の内装について対応してくれることが多いことが特徴としあげられます。そのため、和室の内装に関して気になることがあれば、障子を依頼する際に同時に依頼することで割引などを受けられる場合もあります。また近年の傾向としてあげられるのは障子紙を一般的な普通紙にするのではく、より破れづらい強化紙を選択する家庭も多いです。また最近ではプラスチック障子紙もあるため、破れづらく掃除もしやすいためこうした障子紙が人気を得ています。障子紙は白いものだけでなく柄やカラーが入っているものも多く、張替えの際に障子紙を変えることで部屋の雰囲気を簡単に変えることがあるためこうした障子紙への張替えも人気があります。