みんなでお揃いのアイテムを揃えたいのならオリジナルTシャツで

職場や学校、趣味の仲間など、みんなで何かお揃いのアイテムを揃えたいと考えているのなら、オリジナルTシャツがぴったりです。Tシャツは、年齢性別問わずにみんなが着やすい洋服でもあり、もしもブラジャーが透けてしまうと心配する女性であったり、重ね着のおしゃれをしている人であれば一枚だけでは着たくないと考えていることもありますが、Tシャツの下にも自前のTシャツを重ね着してもらったり、上からカーディガンを羽織ってもらったりとアレンジしながら着てもらうこともできます。 人それぞれの着方があっても、同じものを着ているということで見た目にも統一感を出すことができます。また、心理的にもみんなで一つにまとまって取りかかるという団結力も生まれてくることになります。

Tシャツの選択から始めてみよう

オリジナルTシャツをより自分たちらしいものにするためにも、Tシャツ選びは手を抜くことができません。同じ絵柄を入れるとしても、土台となるTシャツの色や形によっても大きく印象が変わってくることになります。シンプルな丸首の半袖Tシャツが基本となりますが、これ以外にも衿元のデザインはVネックやUネック、ヘンリーネックなどもあります。襟元の形によっては、首が長くスタイリッシュに見えるようになったり、おしゃれな雰囲気を出すことにも役立ちます。 これ以外に、袖や着丈の長さなどTシャツのデザインの他にも、素材の色や厚みもチェックしておく必要があります。色では、無地だけでなくボーダーやストライプなど柄物も用意されていることがあるので、個性的なオリジナルTシャツを作ることもできます。

どんなオリジナルデザインを入れてもらうのか

土台となるTシャツが決まったら、そこにどのような文字や絵柄を入れてもらうか、またどのような方法でTシャツにのせるのかという選択肢があります。 デザインは、自分たちで一から制作してオリジナルアイテムにすることもできるのですが、業者で用意されている素材集の中から好きなものを組み合わせて作ることも可能です。また、全くの初心者でどんなデザインがいいのかもよく分からないというのであれば、業者のデザイナーに相談して作ってもらうこともできます。 デザインが決まったら、Tシャツにはどんなプリント方法で入れるのかを選択することになります。発注枚数によってはシルクスクリーンプリントがお得になりますが、小ロットであったり写真のように細かい図案であればインクジェットプリントが向いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加