オリジナルTシャツは割引を使うとお得

学園祭や文化祭、プロモーション活動、自治体のイベントなどで大人数が着るTシャツや、コミケやフリーマーケットで販売したりノベルティグッズとしてプレゼントしたりするためのオリジナルTシャツを作りたいときは、大量注文すると単価が安くなったり、早めにオーダーすることで得られる割引制度を利用すると定価よりもお得に作ることができます。 特に学生向けには学割を実施している会社が多いので、上手に利用すれば学校行事のとき素敵なTシャツやユニフォームを着られてみんなの思い出作りに最適です。仕上がりの感じを確かめるためのサンプルを送付してくれたり、短期間で仕上げてくれるメーカーもあるのでTシャツを作りたいと思ったらまずは気軽に相談して、どんなオプションがあるのか確かめましょう。

早めに大量注文するとお得になることが多い

オリジナルTシャツを作ることが決まったら、なるべく早めに注文したほうが安くなるので本番直前にオーダーするのではなく時間に余裕を持ってデザインを入稿し、配達日や時間もメーカーの都合に合わせて送ってもらうようにすると直前の指定配達よりもずっとお得になります。特に学園祭シーズンや年末年始など混み合っている時期は割引が受けられないこともあるので、早めに手配するのが得策です。 注文する枚数もできるだけ多いほうが1枚あたりの単価が安くなるので、Tシャツ作成を希望する人を募って共同で注文したり、予備として同じデザインを多めに注文することでお得にプリントできます。メーカーによってはキャンペーンを実施していて少数でも安く作れたり、通常より安い値段で特殊プリントをしてくれることもあります。

学生なら常に安く作ってもらえるサービスも

文化祭、学園祭、体育祭や合唱祭などの学校行事や、サークル、クラブ、チームなどのユニフォームとしてオリジナルTシャツを使いたいときは学割制度があるメーカーに頼んで作ってもらうと常に安い値段で素敵なTシャツを作ることができます。特に行事が多いシーズンには通常の学割に加えて更にキャンペーン価格を実施している会社もあるので、こまめにチェックしておきましょう。 チームのユニフォームを作るときは、学生なら背番号や名前を割引価格で入れてもらえたり、両面プリントのサービスがあったり、Tシャツと合わせてトレーナーやキャップ、タオルなどほかのグッズも安い値段で作れる場合があります。学生なら自分がコミケなどで使うTシャツでも安く注文できることが多いので、問い合わせてみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加